クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の話は聞いたことあるけど、どのような仕組みになっているの?
初めての方は特に不安な気持ちもあるかもしれません。

 

クレジットカードの現金化をする人は、キャッシング枠で足りなかったお金をショッピング枠の現金化で補うという人がほとんどです。現金をすぐに手に入ることができるので利用する人は結構多いのです。現金化に関わるのは「クレジットカード保有者」「クレジットカード会社」「現金化業者」の三者になります。

三者の関係性

クレジットカードの現金化は、至って簡単な仕組みです。
クレジットカードの保有者がまずは現金化業者に申し込みをします。
現金化には主に“商品買取り型”と“キャッシュバック型”の2種類があります。

 

商品買取り型の場合は、カード保有者が高価な商品(電化製品やブランド品など)をカードで購入し、その商品を現金化業者に送ります。現金化業者は商品を受け取り、クレジットカード会社からきたお金をカード保有者に渡すことになるのです。

 

現金化業者はカード会社から受け取ったお金から商品に見合った換金率を出し、保有者に渡すお金との差額が儲けとなるのです。キャッシュバック型も同じような仕組みとなっていますが、予め現金化業者から指定された商品を購入することになります。

 

インターネット上で購入するので、購入して5分〜10分後にはすぐに口座にお金が振り込まれるシステムとなっています。その為、どちらかというとキャッシュバック型の方が現金はすぐに手に入ります。

現金化業者の換金率

ほとんどの現金化業者は、75%〜98%の換金率となっています。例えば、10万円の商品を購入した場合、7万5千円〜9万5千円を現金として得ることができるのです。9万5千円がキャッシュバックされたならば現金化業者の儲けは5千円となるのです。購入した商品そのものの値段が返ってくるわけではないので、そこは注意して下さいね。