解決方法A債務整理

解決方法A債務整理

多重債務に陥った際に、行う債務整理とは何でしょうか。債務整理とは、大きなくくりですからその中に自己破産、個人再生、任意整理、特定調停等の種類があります。

 

自己破産

「自己破産」は、今ある借金を全て処分してしまう方法です。返済できない状況に陥ったとき、それが裁判所で認められると免責になり、借金を返済しなくてよくなります。ただ、色んなデメリットがあり、ひとつに車や持ち家等の資産を全て没収されます。保証人がいれば、自分が自己破産しても借金の取り立ては保証人に向かうことになり、多大な迷惑をかけます。自分自身も、最低7年はクレジットカードを作ったり、消費者金融からお金を借りることができなくなります。

個人再生

「個人再生」は、借金を減額させてから3年で返済する方法です。持ち家も残したまま行うことができるのでメリットが大きいです。

任意整理

「任意整理」は、弁護士や司法書士が金融機関に対して借金の減額や分割払い、過払い金の請求を併せて行うことです。

特定調停

「特定調停」は、裁判所で第三者による調停委員を置き、債権者と交渉する方法です。どの方法を選択するかは、状況によって異なるため、「法テラス」や弁護士さんに相談するのも良いでしょう。法テラスは、法律上のトラブルを相談できますが、借金による悩みも含め相談できる機関です。