自己破産をした体験談

自己破産をした体験談

私は、複数のクレジット会社からお金を借りたり、物品を購入して多重債務に陥り、ローンが膨れ上がっていました。そんなとき、リストラで仕事がなくなってしまったのです。

 

仕事の面接も受けてみましたが、すぐに決まりそうにありません。
弁護士さんに依頼する費用も無いので、自分で自己破産の申請をすることにしました。

 

元々、怖がりの性格のせいか、自己破産するという大きな罪悪感で、裁判所に申し立てに行く際には、もう、刑務所か断頭台に向かっているような気分になりました。

 

一人ずつ呼ばれて、小さな部屋に入ると、裁判官がいて色々、事務的に自己破産のことを聞かれます。一連の流れでは、責められたりされたことは無く、そう言う意味で辛かったことはないのですが、自責の念が強く、しばらくはかなり落ち込む日々でした。

 

しかし、自己破産すると、「借金を返さなくては」と悩んでいたことは全て消えました。

 

振り出しに戻ってやり直せるというのは、いいものです。
就職もなんとか決まり、安月給ですが、今までのように浪費はしないで地味に生活しています。

 

とても懲りました。自己破産をしたことで、もう、家や車をローンで購入できる可能性も失ってしまいました。今後、所帯を持ちたいと思っても、私が、自己破産したことがあると知れば、結婚してくれる人なんているでしょうか。

 

7年〜10年経てば、ブラックリストからは消えるそうですが、

 

自己破産して迷惑をかけたクレジット会社や消費者金融からは二度とお金を借りられない可能性が高いそうです。銀行には、末代まで私がブラックリストに載ったことが記録され、もし私が子供や孫に恵まれた際にも、その銀行に私の子孫は就職すらできないらしいんです。

 

自己破産は、楽になるけど、もう、取り返しのつかない失敗をしてしまったのだけは本当です。
でも、もし、借金で苦しんでいるなら、選択肢の一つとして考えても良いと思います。